アイドルニュースまとめ:アイラブ

アイドルニュース まとめ情報”アイラブ”は、AKBグループ、でんぱ組.inc、ももくろ、ベビーメタル、モーニング娘。14、グラビアアイドルetc...今をときめくアイドルたちのスキャンダル、活動記録、新曲リリース、イベントなどの最新情報を配信いたします

    男性芸能人ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    小栗旬 山田優1
    【※小栗旬 打ち明けた山田優の“浪費癖”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    木村拓哉 上戸彩
    【※木村拓哉と上戸彩 夫婦役でドラマ共演!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    長瀬智也
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/10(火) 20:28:55.29 ID:O9Sx9Jlj0.net

    TOKIOで一番イケメンだと思うのだが 

    92a6385e
    いちゃらぶトリニティアライアンスc_300_100





    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(芸能)へ

    【長瀬智也が女ウケが悪いのはなぜ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    山下智久1
    【※山Pこと山下智久 「禁断の副業疑惑」が浮上!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    相葉雅紀
    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2015/02/05(木) 11:13:11.96 ID:???*.net

    「嵐」相葉雅紀の実家の中華料理店 バイト募集にファン1000人以上殺到 
    2月5日(木)11時6分配信 

    いまや千葉県の新名所となりつつあるのが人気アイドルグループ「嵐」の相葉雅紀(32)の 
    実家が経営する中華料理店。休日ともなれば数百人、平日でも常に数十人が行列を作っている。 
    そこでさらなる騒動が起きているという。 

    もともとお客の大半が相葉のファンで、店内には相葉の写真や記念グッズが展示され、 
    ファンからずっと“嵐の聖地”と呼ばれていた。その店が再び嵐ファンのハートをワシづかみしている。 

    なんとアルバイトを地元紙で公募し、1000人以上の応募が殺到したのだ。 
    求人広告には「(1)洗い場スタッフ、(2)ホールスタッフ募集  
    (1)時給950円~、(2)時給920円~」と記されていた。 

    「応募が殺到したのは2つ理由がある。まず、相葉の生声が聞けるから。相葉はよく、テレビ番組で 
    『オレ、雅紀』と実家に電話をかけると明かしている。店と実家の電話番号が同じなので、 
    店でバイトすれば相葉がかけてきた電話に出られる。さらに店では年に1度、嵐メンバーの親睦会が 
    開催されるので、バイトをしていれば、嵐のメンバー全員と会えるというわけですよ」(事情通) 

    アルバイトとして採用されるのは3人ほど。単純に確率は1000分の3だ。 
    「すでに書類選考で900人がはじかれたそう。今後は土・日曜の空き時間を使って両親が 
    面談をして決めるそうです」(関係者) 

    この店をめぐっては過去にトラブルがあった。「店で販売されていた店舗オリジナルの相葉グッズが、 
    ジャニーズ事務所に無断で製作された携帯ストラップやブロマイドなどの非公認グッズだったため、 
    ジャニーズが再三警告した。現在は嵐関連グッズの販売はやめている」(関係者) 

    今回のバイト募集騒動は、ジャニーズが口を挟めるような問題ではないだけに、 
    ファンの間では採用される人物にも注目が集まりそうだ。 

    Yahoo!ニュース(東スポWeb 2月5日(木)11時6分配信) 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150205-00000015-tospoweb-ent
    いちゃらぶトリニティアライアンスc_300_100





    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(芸能)へ

    【嵐・相葉雅紀の実家料理店にファン殺到www】の続きを読む

    このページのトップヘ